オペックス・コーポレーションが特許侵害への不服を申し立て、知的財産権を主張 | Business Wire

米ニュージャージー州ムアズタウン–()–(ビジネスワイヤ) — 革新的な倉庫・文書・メール自動化ソリューションを世界規模で提供するオペックス・コーポレーションは本日、米国国際貿易委員会(ITC)と米国ペンシルベニア州東部地区連邦地方裁判所に対し、中国杭州市のHCロボティクス(別名Huicang情報技術)と米ペンシルベニア州コンショホッケンのInvata(商号はInvata Intralogistics)が特許を侵害した自動プットウォールおよび自動保管・取り出しシステム、関連車両、関連制御ソフトウエア、およびそれらのコンポーネントの製造、使用、販売目的での提供、販売、輸入を行っていることを根拠として、特許侵害についての不服申し立てをしたと発表しました。

オペックスは、スケーラブルな倉庫ロボットを利用して速度と精度を実現し、また在庫の保管からピッキング、仕分けや出荷に至るまでのサプライチェーンを合理化する動的なeコマース・フルフィルメント・ソリューションを提供しています。またオペックスは、スペースの最適化や円滑なラストマイル配達支援のためのマイクロ・フルフィルメント技術や、返品、交換業務、収益を最高のスピードと省力化で改善するリバース・ロジスティクス・ソリューションも提供しています。

今回の不服申し立ての中でオペックスは、オペックスのSure Sort®製品やPerfect Pick®製品および関連のiBOT®車両の改善を対象とするオペックスのさまざまな特許をHCロボティクスとInvataが侵害していると主張しています。今回の訴訟について、オペックスのコーポレート・法務担当バイスプレジデントのジェームス・リーブラーは、次のように語っています。「オペックスは、革新的な倉庫自動化システムを市場に届けることを使命としてきており、今後もそれは変わりません。当社は他社の知的財産を尊重しており、他社も当社の知的財産を尊重するものと期待しています。当社は当社の知的財産を積極的に守るつもりであり、この時点でこれらの訴訟を起こすことが必要と考えました。」

オペックス・コーポレーションについて

オペックス・コーポレーションは、倉庫、文書、郵便物など、次世代の自動化ソリューションを世界中の顧客に提供しています。オペックスはニュージャージー州ムアズタウンに本社を構え、ニュージャージー州ペンソーケン、テキサス州プレイノ(ダラス都市圏)、フランス、ドイツ、スイス、英国に拠点を置いています。当社の1450人以上の従業員は、現在のビジネス課題を解決するために、革新的で拡張性のある独自の技術ソリューションの改革と実現に傾倒しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Source link

Author: admin